住宅売買の調査プロセス

住宅売買を考えたら、最初にするのは物件の問い合わせです。

広告物件の中から、気に入ったものがあったら、問い合わせをしてみます。
同時に、こちらの希望を伝えて、物件紹介の依頼をしておきます。

そうすると、希望に合った住宅売買の物件を、その都度紹介してもらえるか
ら、時間がセーブできて便利です。

問い合わせをしたら、物件の見学です。住宅売買では、同じ予算で買える物
件を比較検討することが大切です。一軒目の物件が気に入ったとしても、も
う一軒見に行くくらいの気持ちで、あちこち見て回りましょう。そのうちに、
これはという物件に出会える可能性が高いです。

同時に、不動産屋さんとコミュニケーションを深め、資金計画などの相談を
しておきましょう。プロの人に相談することで、わかりにくかった部分がク
リアになっていきます。無理のない資金計画を持つことは、住宅売買のポイ
ントになります。

実際に購入希望の物件があったら、買付証明書を出します。法的な拘束力は
ないものの、買うという意思表示になります。

売渡承諾書を受けたら、いよいよ売買契約へと進みます。

重要事項説明を受け、売買契約をします。売買契約書に署名捺印し、手付金
にあたる金額を支払います。

ここからローンを申し込み、場合によっては中間金を支払います。残高を決
算して、諸経費の支払を完了すると、マイホームを入手したことになります。

住宅売買の調査準備

親の相続物件、住み替え、実家のそばに引っ越すなど、住宅売買は人生の大
きな区切りのようなもの。売る際には、売り主としてどんな準備をするべき
なのでしょうか?

売り主は、住宅売買にかかわる多額な金額を考えて、なかなか自分にとって
マイナスになる情報を言いたがらない場合があります。

買い主にとっては、知っていたら交渉の仕方も変わったはずと思うような事
項、不動産業者にとっては、事前に重要事項として必ず買い主に知らせてお
くような事項を隠していると、その場はどうにか切り抜けられても、後々に
大きな問題化する場合があります。

場合によっては違約金や損害賠償を求められたり、契約そのものが反故にな
る場合も。

きちんと最初に言っておけば、スムーズに行ったはずの取引。住宅売買の際
の売り主は、ストレートな情報提供が求められます。

数千万円単位の買い物。売り主にはそれ相当の自覚が必要とされます。

他に準備する必要があるのは、不動産の権利証です。手元にない人は、取り
寄せて準備する必要があります。この権利証は司法書士へわたります。

権利証でなく、登記識別情報の場合は、通知書を手元に用意するか、オンラ
インで本人確認できるようにしておく必要があります。

住宅売買の物件が、相続などで複数の持ち主がいる場合、一番分与が多い人
が独断で売買を進めることは不可能です。元夫、元妻も含め、所有している
人が実際に不動産業者や司法書士と面会する必要があるケースもあります。